3人子育て転妻ブログ

三人子育てに奮闘してる転勤妻です☆結婚し初めての転勤、夫の転勤に伴う私の退職。妊娠出産から子育てまで日々の様子や皆さんのお役に立てる情報などアップしていきます

MENU

ものもらいで眼科へ行ったら眼瞼下垂(がんけんかすい)と診断されてしまいました。片目だけに症状が出る事もあるので注意

まぶたが重くて開けずらい、

なんだか肩こりが酷い

夕方になると目の奥に痛みを感じる

上まぶたがたるんでいるような気がする…

こんな症状、ありませんか?

先日片方の目にものもらいが出来てしまったので眼科へ行ったところ、眼瞼下垂になっているよ?とお医者様から言われてしまいました。

初めて聞いた、眼瞼下垂(がんけんかすい)という目の病気。

今日はその眼瞼下垂について先生に教えていただいた事を詳しくまとめます。

 

もくじ

 

f:id:sorasorasorara:20180824123059j:plain

眼瞼下垂(がんけんかすい)って?

目を開けていても上のまぶたで黒目部分が隠れてしまう状態の事。

まぶたを上げる筋肉が弱くなることで、まぶたが下がって目を開けにくくなる状態の事を言います。

あまり気づかない軽度のものからいつも眠そうに見えてしまう、重度の症状まで様々です。

以前は加齢に伴う瞼の筋力低下による症状が多かったそうですが、

最近この病気に悩まされる若い人が増えているのだそう。特に20~30代の若い世代にも発症する人が増加しているとの事。

まさに私がこの世代って事なんですよね。

なぜ若い世代に発症する人が増えたのか?

生まれつき瞼が開きにくい(瞼の筋力の発達が悪い)先天性の眼瞼下垂以外に、コンタクトレンズを長年使っている人にも起りやすいそうです。

ここ数年流行っているカラコンの間違った使い方をしている人や、アイメイクのし過ぎ、つけまつ毛やマツエクをしている方も瞼に負担をかけすぎると眼瞼下垂になってしまうそうです。

f:id:sorasorasorara:20180824123120j:plain

私、カラコンやコンタクトはした経験がないのですが、

以前マツエクをしていたり、今でもアイプチは使用しています。

アイプチの接着剤による肌のかぶれから若年性眼瞼下垂を引き起こす場合もあるそう。

酷い花粉症なのですが、かゆみで目の周りをこすりすぎるのも原因になるそうです。

自覚症状はあった?

たまたま、ものもらいで眼科で受診をした際に発覚したのですが、

普段から上の方が少し見えにくい事はありました。

あごを上げて物を見ている方などは、眼瞼下垂が原因となっている可能性もありますよ。

肩凝りや頭痛が起こることもあるそうですが、私は子育て真っ最中なのでひどい肩こりが日常的にあり、全く気づきませんでした。

 

そのまま眼瞼下垂を放置するとどうなるの? 

眼瞼下垂の症状が進むとまぶたで黒目をふさいでしまうので弱視の原因になるそうです。20代や30代で始まった眼瞼下垂を50代、60代になるまで放っておくと、目の周りのたるみの症状がどんどん進んでしまうそう。

重症化してしまうと、簡単には治せなくなります。

軽い症状のうちに治療を始めれば、病院によっては瞼を切らない治し方など治療方法を選べるそうですので早期の治療がおすすめと説明を受けました。

治療方法は?

手術が必要です。

手術をすることで腫れが発生したり、内出血にとなるケースもあるそうですが、時間の経過とともに治るそうです。

人によっては目立たなくなるまでに時間がかかることもあります。と説明を受け、ビビッてしまいました。。

 

保険は適用する?

眼瞼下垂治療費用は、保険適用です。

各負担額により異なりますが手術と聞くと高額なものを想像しますのでこれは安心できました。

 

まとめ

私の場合は軽度の眼瞼下垂と診断されたため、今後の治療については経過観察をしながらこれから相談していく事になりました。

中度、重度の場合は症状が進んでしまう前に治療を検討したほうが良いそうなので、気になる方は病院で一度カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

ちなみに私がそうだったのですが、片目だけに症状が出てくる場合も多いそうですよ。

参考にしてみてくださいね。

 

過去記事はこちらからどうぞ

 

www.sorasora.work

www.sorasora.work

 

 

www.sorasora.work